貸切バスは有効な移動手段

旅行をする時には、どのような交通手段を使うでしょうか?飛行機、電車、バス、自家用車など様々の方法があります。その一つに、観光バスがあります。観光バスというと、観光地を効率的に観てまわることができるように、あらかじめコースが設定されているものが多いのが特徴です。料金も比較的手の出やすい金額になっていることが多く人気があります。このように、旅行をする時には、個人旅行をするより、バック旅行など、ある程度のまとまった人数で参加できる方が、旅費が安くなる傾向にあります。反面、団体ならではの行動となるので、自分達の行きたい場所を巡るということは、かなり制約がつきまといます。

同じバスでも貸切バスを利用した旅行の方法もあります。貸切バスは費用を抑えることができて、尚かつ、自分達の行きたい観光地や施設などに行くコースやルートを自ら企画して、動くことができることが大きなメリットだと考えられるのです。団体行動とはいえ、知り合い同士のプライベートに近い行動ができるのが貸切バスの特徴と言えるでしょう。旅行代理店が企画する観光バスツアーは、代理店が決めたコースで観光することになります。旅費は、かなり安いのが特徴ですが、観光先が限定されてしまったり、観光で回る時間も制約されがちです。自分達で自ら企画して、旅をするのであれば、 貸切バスはとてもいい選択肢となるはずです。

バスを丸ごと貸し切ることは、観光だけではありません。学校行事でクラブ活動の遠征で利用することもあるでしょう。このような利用シーンでも、新幹線や飛行機よりも格段に費用が安くなるのです。また、拠点から拠点への移動であれば、大都市間の移動は他の交通機関でまかなえます。しかし、地方で車ではないと行けない場所でも、貸切バスは対応できます。できるだけ多くの人が参加するイベントや行事などで、長距離移動を必要とするなら、貸切バスの利用が良いと言えるでしょう。あらゆる交通手段が発達しているがゆえに、普段、行けない場所に移動することができる点も、特徴の1つです。

バスによる移動は、市内の循環バスや空港へのアクセス手段としてのリムジンバスがあります。また、新幹線や飛行機で高い費用をかけるより、地方間を結ぶ長距離バスもあります。これらが発達している理由は、費用の安さと手軽さ、あるいは小回りの利く点だと思われるのです。しかし、これらのバス利用は公共性の高い交通手段でもあり、出発時間、到着時間はバスの運営側で決められています。自家用車のように、自分達の都合で動かすことはできません。そのことを考えると、貸切バスはプライベートの側面が強いと同時に公共性の側面も持ち合わせた交通手段と言えるでしょう。